年間イベント予定

※旧暦で行われる行事は、実際のカレンダーと開催月が異なることがございます。
本年度の開催日については新着情報でご確認ください。

2月

旧正月 旧暦1月1日

「海人(ウミンチュ)のまち」糸満では、潮の満ち干きと密接に関係している暦・旧暦を、今でも大切にしています。
糸満でお正月といえば、旧正月のこと。旧正月には漁船に大漁旗がかかげられ、女性たちが白銀堂で家族の健康と繁栄を祈願します。

page top ▲

3月

美々ビーチいとまん海開き

南国沖縄では、早いところでは3月下旬から各ビーチで海開きが始まり、糸満の美々ビーチいとまんでも毎年3月下旬頃に海開き。子どもたちの明るい声が、初夏の訪れを告げます!

会場/美々ビーチいとまん
098-840-3451 / ホームページ

page top ▲

6月

慰霊の日

糸満市では、6月23日(慰霊の日)前の一週間を平和週間と定めて、平和の礎クリーン活動やレクイエムコンサートが行われます。 また、当日は「沖縄全戦没者追悼式」が糸満市摩文仁(まぶに)にある平和祈念公園にて開催されます。

会場・県営平和祈念公園
098-997-2765 / ホームページ

糸満ハーレー

昔から、ハーレー鉦が鳴ると梅雨が明けると言われているが、糸満では毎年旧暦の5月4日に糸満漁港中地区内で、海の恵みに感謝し、よりいっそうの大漁と航海安全を祈願して、勇壮な糸満ハーレーが行われる。

会場:糸満漁港中地区
主催(問合せ):糸満ハーレー行事委員会 
098-992-2011

page top ▲

8月

獅子舞・エイサー・角力(沖縄すもう)

旧暦7月15日・旧盆

大里エイサー

(区内道ジュネー)(大里公民館前)

座波エイサー

(区内道ジュネー)(綱引き/座波公民館前)(区内道ジュネー)

喜屋武エイサー

(ヘーランメー/農協前広場前)

米須エイサー

(米須青年会館前)

武富エイサー

(区内道ジュネー)

西崎エイサー

(区内道ジュネー)

先祖崇拝が広く浸透している沖縄、そして旧暦文化の残る糸満では、旧盆は一年のうちで最も大切な行事です。本州で迎え火にあたる旧暦7月13日(ウンケー)から送り火にあたる15日(ウークイ)の旧盆期間中、各集落で先祖の魂を慰めるため、エイサーなどの伝統芸能が披露されます。

page top ▲

9月

糸満大綱引き

旧暦8月15日(ハチグヮチジュウゴヤー)
会場/国道331号線
白銀堂~糸満ロータリー間

新垣棒巻き

会場/新垣公民館前

旧暦8月十五夜には、今年の稲の収穫儀礼と五穀豊穣、子孫繁栄を願って、各地で綱引きや棒術の行事が行われます。国道331号線を通行止めにして行われる糸満大綱引きや、130年の歴史を持つ新垣棒巻きは、いずれも勇壮・華麗。

page top ▲

10月

真栄里大綱引

旧暦8月16日
会場/真栄里メーミチ広場

真栄里エイサー

(メーミチ広場前)

糸満市長杯サーフィンコンテスト

会場/米須山城海岸
通称:スーサイドポイント
詳しくはコチラ

page top ▲

12月

摩文仁・火と鐘のまつり

12月31日
会場/平和祈念堂
098-997-2765 / ホームページ

誰もが、隣人と、遠くにいる見知らぬ人の平安と幸福を願うクリスマスシーズン、「祈りのまち」糸満では平和への願いをこめた「ひかり」の祭りが催されます。
2009年12月に第11回を数えた「平和の光」では、風力発電による約25万個の電飾が園内をいろどり、大晦日に平和祈念堂で行われる「火と鐘のまつり」では、一人ひとりが手に持った松明をかざして翌年の平和と幸せを祈ります。

page top ▲